OAG税理士法人ロゴ
おなじみ様=リピーターは、商売の基本です。
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ

なじみ

<2016年6月号>
 
     
 

自販機のオープンイベント

 上の写真をご覧ください。自販機の前に、行列が出来ています。自販機の横には「のぼり」も立っていて、その前でチラシを配っている人がいます。いったいこれは何でしょうか。

 見ての通り、自販機の新規設置のオープンイベントですよ。

 「えっ! 自販機のオープンイベントですか?」

 そうなんです。実は私も知らなかったんですが、自販機にも「なじみ」が居るんです。

 自販機が3台並んでいたとしたら、左側で買う人はいつも左側の自販機で買い、真ん中の人は真ん中で買う傾向が強いらしい。そこで、自販機に「おなじみ」様を作るために、新規オープンイベントをやっているとのことでした。

 イベントをやって一度買ってもらっておくと、その自販機でまた買ってくれる確率は高くなるんだそうです。イベントでは2本に1本当たりを用意しておく(2本買うと1本当たる)と、親子で来たら、殆ど1本当たりが出ます。そうすると、そのお客様は「なじみ」客になる確率が更に上がるとのことでした。自販機の「なじみ」客作りに「目からうろこ」というか、しばし考えさせられました。

 「おなじみ」様作りは、商売の基本であることは分かっていても、自販機にまで「おなじみ」様がいるなどとは、考えてもみませんでした。そういえば、駅の改札口はみんなだいたい同じ所を通るし、切符も同じ券売機で買うでしょう。人間の行動は意外に単純で、「知る」=「好感」=「親しみ」=「なじみ」という一連の感情の結果が、行動にも出るということなんでしょう。

 おなじみ様=リピーターは、商売の基本です。改めて、おなじみ様作りに新しい視点と、それを実行する人の育成が必要だと痛感させられた出来事でした。何故なら、「知らせる」=「好感させる」=「親しみを持せる」=「なじんでもらう」は、全部人がやることなんですから。

 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※広報誌「春夏秋冬」掲載

 
 


コラム目次へ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation