OAG税理士法人ロゴ
男旅の主題は、何といっても「会社をどうしたら発展させられるか」という“下心”(夢を実現させるという下心)を持ちながらの会話です。
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ

男旅と夢に付き合わせる

<2014年11月号>
 
     
 

 男同士の旅行というのは、相当に楽しいものです。上は天下国家から下は下ネタまで、正に「憂国の志」であったり「下品なおやじ」になったり、それが目まぐるしく入れ替わり、それこそ話のネタは尽きることがありません。その時の男どもは無邪気に本音をぶつけ合い、お酒が入れば、舌の回転はより一層滑らかになります。話の中心が仕事の話に移ったとしても、これがまた楽しい。最高の「ストレス解消」の場であるし、仕事のヒント満載の「経営の真髄を極める(?)」場でもあります。

 さて、男旅の主題は、何といっても「会社をどうしたら発展させられるか」という“下心”(夢を実現させるという下心)を持ちながらの会話です。ヒントはあっても解決という事はありません。そして行きつく先は、「人のモチベーション」をどうするかです。

 人は自らやる事が一番楽しいし、やらされるのはつらいものです。しかし、仕事はすべからく「やらされる」ものです。例外は無いでしょう。その仕事が、どうして楽しいのか。楽しいと感じている人は、仕事と夢が重なっているか、仕事の先に夢を見られるか、仕事をやらされていると感じないかのいずれかでしょう。

 仕事を楽しんでいる人は少なからず存在することは確かです。でも、多数ではありません。「やらされる」仕事に楽しさを感じるには、仕組みが必要です。経営者が仕事を楽しいと感じているなら、如何にして自分と同じように楽しませるかです。

 そこで一案ですが、「経営者の夢」に付き合ってもらうのはどうでしょうか。夢に付き合わせるには仕組みが要ります。人は、誰でも夢を持ちたがっています。しかし、現実は厳しく、持てないと考えているんです。それでも、食べるためには仕事をするんです。そこをもう一歩踏み込んで、モチベーションを上げる仕組みを作る。それが、「夢に付き合わせる」です。人は夢の実現に手を貸すことも好きなんです。「社長がそう言っているんだから、手助けしようよ」となればしめたものです。そんな人が多ければ多いほど、会社は仕組み作りが出来ているのだと思います。そして元気な会社です。

 そのためには、お金やポスト、コミュニケーション、職場環境等々、それらを含めた仕組みが必要なんでしょう。そんな会社を如何に作るか。それも男旅の目的です。

 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※広報誌「春夏秋冬」掲載

 
 


コラム目次へ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation