OAG税理士法人ロゴ
太田さん、『受援力』って知っていますか?
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ

受援力

<2014年4月号>
 
     
 

 知人のAさんから、「太田さん、『受援力』って知っていますか?」と問い掛けられて、当然、「『支援力』なら分かるけど、『受援力』は分からないよ。それは、何ですか?」と問い返した次第です。

 一般的には、「受援」とは災害に遭ったときに、ボランティアをどのように受け入れ、どのように活動してもらうかを計画するところから生まれた言葉のようです。Aさんは受援という意味をもっと広い範囲で積極的な意味に解釈していて、支援の裏側には受援という概念があり、支援と受援が調和してこそ豊かな社会になるのだと言いたいのだと理解しました。

 経営者は、弱気より強気が好きです。負けより勝ちにこだわります。受援より支援となりがちです。むしろ受援など無縁の世界で、独立独歩、差別化、自立、自力等々の言葉が大好きです。これらの気概や行動が経営者のバックボーンを形成し、経営にとって無くてはならないことは事実です。しかし、よく考えてみると、私が何かを支援したり、さりげなく親切心を出したりするときに、その意思決定は相手(受援者)側の態度や気力によって左右されていることは確かです。これって「受援力」ではないのか。受援力の差が、支援の有る無しを決定しているのではないかと気付きました。 

 仕事はチームワークでなされます。チームであるならば、自分の仕事を達成するためには周りからの支援は欠かせません。周りに積極的に支援させる為には、受援力が必要なんだと思う次第です。「他人を当てにしろ」と言っているわけではありません。自分に厳しく、前向きに仕事をしない人に、誰も支援はしてくれません。その上で受援力を磨く事が必要なんだと言いたいのです。

 どうしたら受援力を磨けるのか。様々あるのだと思います。志を立てると受援につながる場合もあるでしょう。黙々と頑張る姿が受援力になるかもしれません。このように受援力は人によって異なり、千差万別の磨き方があるのだと思います。 

 ひるがえって会社経営には、一にも二にも売上と利益の追求が優先されます。しかし会社の永続的な発展を望むなら、利益の追求という定量目標の他に、定性目標として、企業の受援力を磨くことも必要なのではないかと思います。言い換えれば、定量目標の達成には定性目標の下支えがあるという気がするんです。支援と受援で豊かな社会が出来るようにです。

 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※広報誌「春夏秋冬」掲載

 
 


コラム目次へ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation